陰ヨガのアサナ - ドラゴン

cy_00087.jpg
 
 

正座から両手を前について左脚を前に出し、右脚は後ろに伸ばします。右の膝は床に。膝に痛みや違和感を感じるようならタオルなどを膝下に敷きます。

股関節周りを伸ばすのが目的なので、左脚は無理をせず、かかとの真上に膝がくるくらいがベストです。上体を起こして骨盤を下ろします。バランスを取るのが難しければ両手を床についたままでもOK。または、ブロックを左のお尻の下に入れてサポートしてもいいでしょう。首と肩は力を抜いて。

伸ばした方の脚の付け根に何も感じなければ、もっと後ろに引きます。片側2分〜5分キープ。胃、脾臓、肝臓、腎臓と、多くの経絡に働きかけるパワフルなポーズです。アサナをほどくときは急がずゆっくり行いましょう。

血行を促進し、栄養を全身へ運ぶため体力がアップします。朝やると気分がシャキッとして晴れやかに。