ジャラ・ネティの快感にハマりました

アーユルヴェーダで勧められているジャラ・ネティ(鼻洗浄)。興味はありつつも、「痛いんじゃないの?」と敬遠していました。「ジャラ」は水、「ネティ」は鼻、という意味です。

ヨガエレメンツスタジオで売っているネティ・ポット。突然彼に「何色がいい?」と聞かれ、「へ?あ〜青?」と答えたら、プレゼントでいただきました。なんてロマンチックな(*・・*) 象さんの形で、色違いもたくさんあります。

18278969_10155121263826070_3081287855216805967_o-1024x1024.jpg

もっと大きくて口の部分が長い方が、機能としてはいいそうです。でもこのくらいの大きさが可愛いし、バスルームに置いてても邪魔にならない。

フィルターした水(またはミネラルウォーター)を一度煮沸して、天然塩(私はヒマラヤンピンクソルトを使っています)を溶かして、ぬるま湯に冷まします。涙くらいの塩分、と言われました。

少し前かがみになって顔を傾けて、片鼻から通します。左右確認して、その時点でより鼻の通りがいい方から始めます。半分流したら、少しカパラバティをやって(ただ鼻かむだけでもいいかと)、反対側も。

初めてやった時には加減がわからず喉に入ってきちゃったりしましたが、2回目からできるようになりました。朝、瞑想の前にやると、瞑想時の呼吸のクリア感がすごくて、感動的・・・。花粉症やアレルギーの方にもきっとすごく気持ちいいと思います。

CHIHARU