バタフライのポーズ - 陰ヨガのアサナ

陰ヨガのベーシックポーズの一つ。股関節に働きかけつつ、腰椎から骨盤にかけての緊張もほどきます。

 
バタフライのポーズ.jpg
 
 
 

マットの上に座ったら両足の裏を合わせ、両膝を開きます。息を吐きながら上半身を下ろしていきます。

両手は前で、または足の上に軽く預けます。肩、背中、脚の内側、首、すべて力を抜き、3分から5分キープ。

股関節が硬く、なかなか上半身が倒せない場合は、お尻の下にクッションなどを敷いて、なるべく骨盤が前傾するようにすると腰に負担がかかりません。頭の下にブロックを入れたり、クッションに上半身を預けるようにすると、力を抜けるのでより効果的。腰椎の緊張をほどけるので、腰痛の予防にもなります。